お気に入り車

私のお気に入り車たち〜TVRサガリス&VW up!

投稿日:

コンパクトなモンスター~TVRサガリス

photo by pyntofmyld

 

メーカーの破綻により一時期輸入が途絶えていたTVRですが、最近復活した事に伴い、再び日本でも購入出来るようになったようです。そのTVRの中でも、最もホットでレーシーなモデルが「サガリス」です。このサガリスの魅力は、スペック面も勿論ですが、その迫力溢れるエクステリア・デザインにあります。地を這うような低いボディ、鬼の形相のような睨みの効いたフロントマスクは、尋常ならぬ凄みがあります。ボディサイズはマツダ・ロードスターと同じくらいのコンパクトなものですが、写真で見る限りとてもそうは思えない程の威圧感があります。

このサガリスが公道上を走る姿を撮影したPVを動画サイトで見る事が出来ますが、とにかく恰好良くて、何度も繰り返して見てしまいました。サガリスの走行シーンの魅力は、その姿形だけではなく、如何にもハイパフォーマンスカーらしい轟音の魅力も要素のひとつになっています。サイドに振り分けられる型破りなマフラーから排出される野太いサウンドは、外観同様迫力あるものです。この映像を見ただけで、サガリスの虜になってしまいそうです。

価格は1,365万円と、さすがに性能相応のもので容易に手が出せるものではありませんが、それでも好敵手となるポルシェ911カレラSよりも安価で、決して法外なものではありません。ただ、実際に購入するとなると、車自体の信頼性やメーカーのアフター体制の問題があり、ポルシェ等よりもハードルが高くなりそうです。又、ドライビングの面でも、横滑り防止装置やトラクションコントロール等の安全装備を一切持たない潔い設計なので、余程腕の立つドライバーでないと乗りこなすのは難しそうです。しかし、それでも欲しくなってしまう魅力が、サガリスにはあります。

ベーシックカーの第一候補~VW up!

 

現在新車で手に入れる事が出来るヨーロッパ車の中で、恐らく最も安価な車が「VW up!」です。最もベーシックな、2ドアの「move up!」の場合、何と149万円という輸入車とは思えない値段で手に入れる事が出来ます。しかも、安かろう悪かろうではなく、しっかりVW車のクオリティを備えながらのこの価格ですから、大変魅力的です。

このup!は、まずデザインからして魅力的です。シンプルかつファニーなフロントマスクや、垂直に切り立ったリアビューなど、一目でup!と分かる個性があります。特に好きなのが2ドアモデルで、跳ね上がったサイドウィンドウ後端のデザインはなかなかお洒落です。ことデザイン面の魅力に関しては、機能一転張りの兄貴分のポロよりも上だと感じます。ボディのサイズは、全長3,545mm、全幅1,650mmという軽自動車を一回り大きくした程度のコンパクトさで、これなら近所の買い物等の用途にもピッタリです。

車両重量も2ドアモデルの場合で900kgという軽さで、これもトールワゴンタイプの軽自動車並みです。1L自然給気のエンジンは、75馬力という軽自動車に毛が生えた程度の出力ですが、このボディには必要十分なものでしょう。気になる燃費は、カタログ値で23km/Lと、輸入車としてはかなり優秀な数値です。カタログ値≒実燃費である場合が多いヨーロッパ車ですから、かなり経済的な車である事は間違いないでしょう。唯一の問題点はシングルクラッチ式の2ペダルMTで、コストとの絡みで難しかったのかもしれませんが、やはりDSGを採用して欲しかったところです。とは言え、現状でもかなり魅力的なコンパクトカーで、特に2ドア車を探している場合はこれしかないと言える程の決定版です。

-お気に入り車

Copyright© 豊中で車買取を依頼するなら絶対ココがお勧め!【2019年最新版】 , 2019 All Rights Reserved.